自律神経失調症の原因とは

自律神経失調症の原因とは

0000001556.jpg

HOME ≫

体験学習

なんらかの原因」で自律神経のバランスが崩れる

0000030351.jpg

自律神経失調症の原因について解説します。

「なんらかの原因」で自律神経のバランスが崩れる

自律神経失調症とは、なんらか三便宝の原因により交感神経と副交感神経のバランスが乱れている状態のことです。いろいろな検査をしても異常がなかったときにたどりつく診断名が「自律神経失調症」です。

自律神経がどのような状態にあるのかを通常の検査で評価するのは難しく、病院で検査を受けても不調の原因を見つけることができないのが一般的です。だからといって、自律神経失調症の症状は、気力の問題や気分のせいだけで自覚するものではありません。ほかにもさまざまな要因が関係して引き起こされているということを正しく理解しておきましょう。

自律神経失調症を引き起こす「なんらかの原因」とは?

自律神経のバランスを乱す直接的な要因は特定できていません。しかし、次のように体質やストレス、性格、生活習慣、更年期が深く関係していると考えられています。

体質

自律神経の働きがもともと不安定になりやすい人がいます。疲れやすい、冷え性、血圧が低い、寝起きが悪い、食べても太らないといった特徴のある人 は、もともと自律神経の働きが乱れやすい下地をもっているため、周囲の環境や状況のほんの少しの変化から交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすく、自 律神経失調症を起こしやすいと考えられます。

ストレス

自律神経失調症を引き起こす最大の要因といっても過言ではないのが、ストレスです。シアリス肉体的および精神的なストレスを受けると、脳にある視床下部の働 きに影響が出てしまいます。自律神経はこの視床下部によってコントロールされているため、ストレスを受けることで自律神経が乱れてしまうのです。

絶え間なく続く重大なストレスには気をつけ、可能な限りリラックスできるように工夫してみましょう。

性格

自律神経失調症になりやすい性格というのがあります。完璧主義、まじめ、几帳面、神経質な性格の人は自律神経のバランスを崩すことが多いといわれて います。このような性格の人は、他人からの頼みを断れなかったり、無理をして他人に合わせてしまったりする傾向も強く、ストレスをため込みやすいので自律 神経失調症を起こしやすくなるリスクがあります。悲観的ですぐに思い悩む人や気分転換がうまくできない人も同様です。

いわゆる「いい人」に自律神経失調症が多くみられ、ほんの少しの体調の変化も気になるために、さらに症状が強くなってしまう傾向があります。

生活習慣

通常、交感神経は昼間に活発になり、夜になると副交感神経が主に活動するように自然に切り替わります。ところが、夜遅くまで起きていたり、昼夜逆転 した生活を続けていると、この自律神経の自然な切り替えが上手にできなくなることがあります。そのため、夜間勤務やシフト勤務といった不規則な仕事をして いる人は自律神経失調症になりやすい傾向があるので注意が必要です。

交感神経と三便宝副交感神経を正常なリズムに戻すためには、活動と休息のバランスを上手に保てるような規則正しい生活を心がけ、リラックスできるように生活の中にリズムを作るようにすることが大切です。

更年期

自律神経失調症は更年期と深い関係があるといわれています。女性の更年期は、閉経を迎える前後の期間をさします。個人差はありますが、だいたい40代後半から50代前半にかけて更年期を迎える女性が多いようです。

女性の体は閉経を迎えると卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌が不安定になります。すると、ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床 下部が、不足しているホルモンの分泌を促そうと過剰に働き続けてしまうのです。視床下部は、自律神経のバランスをコントロールするという重要な役割を担っ ています。更年期に過労状態になった視床下部が交感神経と副交感神経のバランスを上手に調節することができなくなり「自律神経失調症」の状態を引き起こし てしまうというわけです。

仕事のお付き合いなどで外食続きの日々

仕事のお付き合いなどで外食続きの日々、疲れていると、ついでき合いのお惣菜やファストフードで済ませてしまう…忙しい現代人の食生活は乱れがちですが、食生活の乱れは妊娠力に大きく関係してきます。妊娠しやすい体をつくるための食事のポイントについて見ていきましょう。

食事と妊娠力の関係

妊娠力を高めるには、元気な卵子と精子を育てること、つまり、妊娠しやすい体をつくることがもっとも大切です。そのためには、毎日の食生活が重要で すが、現代の日本では、理想的な食事をしている人はそう多くありません。今は、加工食品やインスタント食品の普及もあり、いつでも手軽にさまざまな食材が 手に入ります。便利な世の中である反面、栄養のバランスは偏りやすくなっています。また、モデルスタイルへの憧れから、無理なダイエットを行う若い女性も 増えています。このような影響もあり、「飽食の時代の栄養失調」という、現代特有の栄養失調に陥っている方も少なくないと言います。

食事の基本は、「NEW勃動力三體牛鞭質のよい食材をバランスよく」です。食生活は妊娠力だけでなく、妊娠中や出産後、生まれてくる赤ちゃんにも影響します。今のうちから、必要な栄養素をしっかり摂っていきましょう。

簡単!栄養バランスのよい食事のポイント

「質のよい食材をバランスよく」と聞くと、難しかったり手間がかかる印象を受けますが、そんなことはありません。ポイントさえ押さえれば、簡単に実 践することができます。ポイントは、食材の色にあります。3度の食事で赤、白、黄、緑、黒の食材をくまなく摂るようにすると、自然と栄養のバランスは整い ます。以下に、色別の食材をご紹介します。

赤色と黄色

良質なタンパク質を含み、血行を整える働きがある食材です。

・赤色の食材

肉類:豚、牛、鶏、羊など

魚類(赤身魚):マグロ・鮭・サバ・かつお、イワシなど

野菜・果物類:トマト、ニンジン、パプリカ、赤キャベツ、スイカ、イチゴ、柿など

・黄色の食材

野菜・果物類:カボチャ、サツマイモ、トウモロコシ、栗、柑橘系の果物など

大豆製品:味噌、納豆、高野豆腐、湯葉、油揚げなど

白色

糖質など、エネルギーの素となる栄養素を多く含む食材です。

・白色の食材

穀類・麺類:ごはん、パン、麺類など

野菜・果物類:じゃがいも、里芋、大根、カブ、玉ねぎ、ゴボウ、茄子、リンゴ、バナナなど

乳製品・大豆製品:豆腐、牛乳、ヨーグルトなど

緑色と黒色

ビタミンやミネラルを多く含む食材です。黒色シアリスの食材は、ホルモンの分泌をサポートするともいわれています。

・緑色の食材

野菜・果物類:ほうれん草、ブロッコリー、ピーマン、ニラ、小松菜、パセリ、そら豆、インゲン、ししとう、キウイなど

・黒色の食材

海藻類:ワカメ、昆布、のり、ひじきなど

きのこ類:しいたけ、しめじ、きくらげ、マイタケ、ヒラタケなど

その他:黒ゴマ、黒豆、黒米など

中でも、三便宝ビタミンやミネラルは意識的に摂らないと不足しやすい栄養素です。ミネラルの一種である亜鉛と鉄分は、卵胞の成長や受精卵の細胞分裂に関係しますので、特に積極的に摂ることをおすすめします。

  • 0000030353.jpg
  • 0000001558.jpg